広報&コミュニケーション活発カレッジ powered by 佐賀経済新聞
By Takeharu Nakashima Follow | Public

ソーシャルメディアが「普段使い」できるようになり、ここ数年、広報や情報発信の機会や可能性が大きく広がりました。キュレーションメディアも増えたことで、商品やサービス、コンテンツが地元を超えて拡散される機会も多く目にするようになり、新聞やテレビなど「マスメディア」にも変化を感じている方も多いはず!

あなたの企業活動や商品流通をとりまく「情報」「コミュニケーション」の棚卸してみたら、広報や顧客とのコミュニケーションに活かせるかも。そんな「活発化…活発か?」を学ぶ場を創ります。